あなたの目に映る『別府』を『別府アルバム』として綴ります。